担当者との関係を作る

派遣社員は担当者との関係作りも大事

派遣社員が抱えるトラブルのうちで無視できないのが担当者とのトラブル。
派遣元の担当者が思った通りに動いてくれない、派遣先の紹介もしてくれない。というトラブルは少なくありません。
派遣社員として働く以上、担当者との関係は非常に大事です。
担当者から信頼してもらえるようになれば、おのずと担当者の動きも良くなっていくでしょう。担当者も人間ですから、好き嫌いはあるでしょう。担当者との関係がうまくいくようになれば、思わぬメリットを受けることができるかもしれません。

仕事に関連する報告やちょっとした相談など、機会をみつけて積極的にコミュニケーションをとっていくのがひとつの方法です。
ただし担当者の性格も考慮しながらコミュニケーションの頻度を調節していく必要がありますが。

派遣社員というとどうしても派遣先の企業との関係だけを考えがちですが、灯台下暗しで派遣元の担当者との関係も重要です。これまで担当者との関係がうまくいっていない方は、一度相手とのかかわり方を考えてみるのもよいかと思います。
それでもソリが合わない場合はしょうがありません。他の派遣会社への切り替えも含めて考えていくのがよいでしょう。相性が悪いのを我慢して続けていくのは体に毒ですから・・・